よくある質問

リロケーションの費用は?
マンションの場合と戸建の場合では異なります。賃料の1ヶ月分(消費税別)が賃貸借契約締結した際に必要なのと実際に貸出すに当たってハウスクリーニングなど別途かかり内装の具合にも費用は異なってきます。
リロケーションを始める迄どれくらいの期間がいるの?
契約が締結するのは1ヶ月~2ヶ月程度期間が必要になります。しかし、オーナー様のご都合や物件の状況に応じて前後致します。
ですので、お申込みはお引越しをお考えの日より2ヶ月程前にするとある程度余裕をもってご依頼できます。
急にリロケーションをしていた物件に戻ることはできるの?
3ヶ月前にはご申告頂けないと受け渡しが叶いません。ご入居者様の退去やその後の清掃工事日など様々ございますことが理由になります。
何年契約になるの?
定期借家契約は自由に契約期間を決めることが出来ます。
費用は前払い?いつ払うの?
ご入居者様と賃貸借契約を締結した際にお支払するのが一般的です。
他、管理委託手数料などのご請求はご指定の口座よりご送金致します。
複数社に頼むことはできるの?
可能です。
複数社頼むことを「一般媒介契約」と言います。
物件の立地や賃料設定、内装・外装など条件によりますが複数社に頼む事により告知や不動産のポータルサイトへの露出が増える為早くご入居者様が見つかる可能性がございます。しかし複数社とお話しをするので一度に多くの不動産会社とお話しをすると収集がつかなくなってしまう場合もありますので注意が必要です。

一方、1社に任せることを「専任媒介契約」と言います。
こちらも上記の契約同様、物件の条件にはよりますが適正な条件であればご入居者様が見つからないというのは殆どございません。
また、ご依頼を受けた不動産会社(仲介業者)はオーナー様への2週間に1回以上の報告義務がございますので任せていくうえでの安心材料に1つになるのではないでしょうか。
定期借家と普通借家の違いは?
契約期間の条件が異なります。定期借家では自由に決められるのですが、普通借家では1年以上の契約期間になり、通常契約期間を2年とするところが多いです。実際、借りている方はだいたい2年で契約更新ではありませんか?
また、定期借家では規約終了時を借主にお伝えする必要があり契約期間が1年以上の場合は、借主は期間満了の1年前から6ヶ月前までの間に報告です。

TOP3

  • 株式会社ダーウィン

    リロケーションの仕組みは、住宅の持ち主と企業が直接賃貸借契約を結び、借りた建物やマンションを転貸する転貸借契約システム。
    貸出期間を貸主の都合に合わせることができ、面倒な届出書類の手続きも代行してくれます。

  • 東急住宅リース株式会社

    一時的に転勤などで家を空ける人には、「滞納リスクゼロプラン」。家を貸す側と企業が賃貸借契約を結び、企業が借主に転貸する形式のサブリース(定期借家契約)を締結します。延滞の場合や明け渡しの際のトラブルは企業側が対応します。

  • 株式会社リロケーション・インターナショナル

    取引企業が一万社以上あり、入居者の大半が大手企業の社員という安心感です。国内最大級のネットワークを持ち、素早く入居者を探し、賃料収入を得られます。