メリットとは

・家賃収入が得られる
リロケーションにより自宅を賃貸すれば、毎月一定の家賃収入を得ることが可能になります。家賃収入を住宅ローン返済に充てることも可能です。

・期間終了後に自宅に戻ることができる
リロケーションを利用すれば、せっかく手に入れたマイホームを手放すことなく、転勤などの期間終了後は再び自宅に戻ることができます。貸出期間を管理会社に伝えてあるため、借主との問題もありません。

・借主とのトラブルがない
一般的な賃貸マンションでは、もし入居者が家賃滞納や近隣トラブルなど問題を起こした場合、オーナーが対応することになります。
しかしリロケーションを利用すれば、リロケーション企業のスタッフが対応しますので、貸主は自宅のことを心配せずに済みます。

・劣化を防ぐ
住宅を長時間使用せず放っておくと、カビが生えたり、水道管がサビつくなどの問題が発生し、帰ってきたときに修繕が必要になることもあります。
リロケーションを利用していると、借主が生活したり、空室管理サービスによりメンテナンスがされるので、自宅が劣化せずに済みます。

・空き巣などから守る
長期間、自宅を空室のまま放っておくと、泥棒が入る可能性があります。
リロケーションを利用した場合、人が生活している状態なり、泥棒に侵入される可能性が減ります。また、空室管理を頼んだ場合にも、管理会社の者が定期的に巡回しますので、防犯対策をすることができます。

・リロケーション物件は人気がある
家賃が周辺相場よりも安めに設定されるので、若い世代からの人気が高く、入居者も決まりやすくなります。

デメリットとは

・家が傷ついてしまうおそれがある
リロケーションのデメリットとしては、家が傷付くおそれがあることです。ペットの飼育を禁止する条件で貸し出しても、入居後に黙って飼い始める人が現れたり、大切に使用しない方もいますので、そのような人に住宅が貸されてしまうリスクがあります。このようなリスクを回避するため、借りる側の入居条件や審査を厳しめにしている企業が多いようです。

・賃料を安く設定する必要がある
リロケーションは一般的に、通常の賃貸物件よりも賃料を安く設定することになります。その理由は、何年間という「期間限定」で貸し出すことになるからです。しかし、このデメリットについては、そもそもリロケーションをしなければ賃料が入ることもありませんから、多少相場より割安でも、賃料が入るというのは魅力といえます。
借りる側にとっては、グレードの高い住宅を割安で賃貸できるので、リロケーション物件は人気があります。

・入居者が決まらずに家賃収入が入ってこない
リロケーション物件は基本的には人気がありますが、入居者が決まらず空室状態となっている家もあります。入居者が入らなければ家賃収入はありませんし、自宅が劣化するおそれや泥棒に入られる可能性もあります。

TOP3

  • 株式会社ダーウィン

    リロケーションの仕組みは、住宅の持ち主と企業が直接賃貸借契約を結び、借りた建物やマンションを転貸する転貸借契約システム。
    貸出期間を貸主の都合に合わせることができ、面倒な届出書類の手続きも代行してくれます。

  • 東急住宅リース株式会社

    一時的に転勤などで家を空ける人には、「滞納リスクゼロプラン」。家を貸す側と企業が賃貸借契約を結び、企業が借主に転貸する形式のサブリース(定期借家契約)を締結します。延滞の場合や明け渡しの際のトラブルは企業側が対応します。

  • 株式会社リロケーション・インターナショナル

    取引企業が一万社以上あり、入居者の大半が大手企業の社員という安心感です。国内最大級のネットワークを持ち、素早く入居者を探し、賃料収入を得られます。